2021.01.29

失敗しない家づくり

狭小地(きょうしょうち)とは、読んで字のごとく「狭くて、小さい土地」の
ことです。
また、変形地という、形がいびつな土地というものもあります。

この狭小地や変形地は、一般的には「住宅が設計しにくい」などの理由から、
人気のない土地と言われています。

一般的な住宅の計画では、南側にリビングを配置して光を部屋の中に取り入れ
ます。そのため、土地は比較的人気のある南側道路の土地を要望することにな
ります。人気がある土地は価格も高く、値引き交渉も難しい場合が多いです。

しかし、SIMPLE NOTEの家づくりでは、家全体から光を取り入れるため、南
側道路の土地でなくてもよく、日当たりの悪く人気のない土地でも明るい家が
可能となります。

人気のない土地は価格も安く購入することができ、さらに値引き交渉にも応じ
てもらいやすいです。
また、一般的に人気の南側の土地は、土地の価格だけではなく、付随するウッ
ドデッキの要望や、目隠しとなる塀やフェンスなどの外構工事の要望も多くな
ります。その結果として、家全体のコストが上がる可能性が高くなります。
「なかなか希望する土地が見つからない、希望にあった土地の情報がない」と
いう方には、一度「SIMPLE NOTEの家づくり」の考え方を聞いていただきた
いです。聞いていただくと、今までの土地探しの考え方が変わり、アッという
間に土地が見つかるかもしれません。