2021.03.09

豊かな気持ちで暮らせる住まい

みなさん、それぞれ「こんな家に住みたいな~!」と、いろんな思いありますよね。

キッチンはオープンキッチン!

収納が多く!

お風呂は足を延ばしたいから広く!など、

部屋ごとや、場所ごとにそれぞれの希望や要望がありますよね。

 

そのこだわった空間で、過ごすとき・生活するときの

あなたの「気持ち」はいかがでしょう。どんな気持ちで過ごしたいですか?

 

みなさんに共通するのは、

「豊かな気持ち」とか、「心地よさ」とかいったことかな、と思います。

毎日そんな気持ちで過ごせると、嬉しいですよね。

 

 

お客様のご要望の中でも、“明るい部屋”という思いは良く耳にします。

 

室内を光に満ちた明るい空間にするためには、

窓から光を安定的に採り込むことと、

その光を家全体にまんべんなく届けるための

工夫が必要となります。

そして、そのためには、

まずは、

カーテンを閉めなくてもいい窓をつくること。

次に、

窓から入ってくる光が家全体に広がるように、室内仕上げ

をしていかなければいけません。  

   

   

  では、突然ですが、問題です。

Q1.カーテンを閉めなくてもいい窓をつくるためには、どうすればいいでしょう?

 

 

 

A1.答えは、その窓を、外から丸見えの窓にしないことです。

そりゃーそうだ!と思いますよね~

カーテンを閉める一番の原因が「外からの視線」だからです。

また、直射光が入り過ぎることも、カーテンを閉めてしまう原因となることから、

直射光の採り込み方にも工夫しなければいけません。

眩しすぎる光はテレビが見にくくなる原因にもなるし、

床や家具などの痛みの原因にもなりますからね。

さらに、使用するガラスも工夫すると、室内がもっともっと明るく生まれ変わります。

意匠性も高く、かつカーテンを閉める必要がない

透明でもなく、かつスリでもないガラスを使用することによって。

このように、以上の3つのコトに留意して窓をつくることが出来れば、

無駄にたくさん窓をつくらずとも、

たくさんの光が室内に入ってくるようになります。

窓の本数が減れば、窓のコストもカット出来、

同時にカーテンにかかるコストもカット出来ます!

 

  

次に、入ってきた光を

家全体に拡散させていくのですが、

そのために欠かせない1つ目の要素が、内装のベースカラーです。

2つ目の問題です。 

 

Q2.光を最も拡散する、色は何色でしょう?

 

 

   

A2.答えは、『白色』です。

入ってきた光を拡散するには、

『白』を内装のベースカラーにすることが欠かせません。

また、光に満ちた明るい空間にするためには、

満遍なく天井にも光を届けるべきなので、

天井と同じ高さの室内ドアを使い、

かつ、天井と同じ高さの窓を使うことで、

より光が部屋全体に拡散していくようにします。

さらに、廊下をつくらないことも大切なことです。

廊下が出来れば、

そこで光が遮断されやすいですからね。

光が閉ざされた場所を明るくしようと思えば、

余分に窓を設置しなくてはいけなくなり、

コストアップの原因にもなってしまいます。

 

 

以上の点に留意すれば、

暗くなりがちな天井付近や、

暗くなりがちな家の北側にまでもしっかりと光が届き、

一日中、家全体に安定した明るさをもたらすことが出来るようになります。

きっと、自然の光に満ちた明るい空間は、

あなたに心地いい時間を与えてくれることでしょう。

また、光の動きによって

時間の流れや四季の移ろいが感じられることは、

あなたに心の豊かさをもたらしてくれることでしょう。

さらに、光に満ちた明るい空間は、

あなたの住まいの開放感を、

さらに増大させてくれることでしょう。

ということで、

いつも自然が感じられる光に満ちた家にするためにも、

カーテンがなくても暮らせるような 間取りづくりを

意識していただければと思います。